マカと相性の悪い成分とは?

マカと相性の悪い成分とは?

マカと相性の悪い成分とは?

マカと相性の悪い成分とは?

マカと相性の悪い成分とは?マカは単体でも栄養価の高い健康素材です。完全食とも呼ばれていて、万能な働きを持っています。

 

滋養強壮や精力増強など、さまざまな効能に期待できる優秀な素材です。

 

日本ではマカはサプリで手軽に補うことができますが、その際に注意すべきは、マカと相性の悪い成分を一緒に摂らないことです。

 

基本的にマカサプリは相性が悪い成分を一緒に配合していることはありませんが、サプリを摂取する前後の食べものや、他のサプリとの相性に気を付けましょう。相性の悪い成分を一緒に摂ってしまうと、せっかくのマカの栄養や効能を阻害してしまう可能性があります。

 

カルシウム

カルシウムは歯や骨を丈夫にするために欠かせない栄養素です。ミネラルの一種で、カルシウムは体に必要不可欠なのですが、マカとの相性はあまりよくありません

 

カルシウムと摂ると、とくにマカに含まれるミネラルの吸収を妨げてしまいます。適度なカルシウムなら問題ありませんが、カルシウムを多く摂取したあとや、サプリと併用するとマカの効果に影響する可能性があります。

 

食物繊維

食物繊維もまた体に欠かせない栄養成分です。また、マカそのものにも含まれています。それとは別に食物繊維を多く摂取してしまうと、ミネラルの吸収を妨げてしまいます

 

なお、食物繊維で排泄がスムーズになってしまうと、マカの栄養が体外に出ていく可能性もあります。

 

お酒

お酒とマカを一緒に摂ると、活力が漲りそうですが、それは誤りです。飲酒によるアルコールが、マカの働きを妨げるリスクがあります。

 

精力増強のためにマカサプリを利用する場合も、アルコールとの組み合わせには注意してください。

▲TOP